ツッチーのスイーツ365日 #10 都内でいちご狩り&いちごスイーツ

こんにちは!スイーツコンシェルジュのツッチーです。

最近やっと寒い冬が終わって春が近づいてきた気がしますね。

春といえば真っ赤な甘いフルーツ!いちご。ということで行ってきました、いちご狩り。

いちご狩りというと車で遠くに行くイメージが強いと思いますが、今回行ってきたのは都内です。しかも駅から徒歩で行けるので、日帰りで気軽に行けちゃいます!

ということで、やってきました!

京王線・南武線 分倍河原駅より徒歩8分のところにあるのがここ「府中いちご狩り園」

いちご狩りはネットでの完全予約制なので、人混みも気にせず楽しめます♪

ビニールハウスの中は暖かくなっており、ベビーカーもそのまま入れる広めの通路と、子どもでも手が届く高さの棚もありました。

手荷物を入れるロッカーと上着をかけて置く場所もあるので、荷物が邪魔で身動きがとりづらい心配はありません。

準備ができたら、いちご狩りスタートです♪

いちご狩りの制限時間は30分で、もちろん食べ放題。練乳とチョコレートソースはおかわり自由なので飽きることなく楽しめます。
※一度触ったいちごは必ず本人が食べましょう。

こちらの農園では "ゆめのか"と"よつぼし" という2つの品種のいちごが食べられます。

農園のスタッフさんから、摘み方のコツと美味しいいちごの見分け方を聞きました。

摘み方のコツは、2本の指でヘタの上の茎を包み込んでプチッとちぎる。こうすることで実を傷めずに上手に摘むことができるそうです。

美味しいいちごを見極めるポイントは、
1.ツヤがあり全体的に真っ赤に染まっているもの
2.いちごのタネが赤いもの
3.実が大きくて先端が平らになっているもの
4.ヘタが反り返って濃い緑色をしているもの

 

基本はこの4つを意識して探すと良いそうです。

これはスーパーで買ういちごでも同じらしいので、お買い物する際にも覚えておくといいですね。

そしてもうひとつ、いちご狩りならではの美味しいいちごの見分け方があるそうです。

それは、いちごの実のヘタに近いところが裂けているものだそうです。

傷んでると勘違いしてしまいそうですが、熟せば熟すほどにいちごの実はパンパンに膨れて限界を迎えたものが裂けているので、そういうものはとっても美味しいそうです。

たまにしかお目にかかれないらしいので見つけたらラッキーです!

 

食べてみると甘さや果汁のみずみずしさはもちろんのこと、何より驚いたのはパリッと表面が裂けるような食感です!

スーパーで買ったいちごでは味わえない、鮮度の良さを感じました。

本来ならこのいちご狩りでお腹いっぱいにして帰るところなのですが、今回の目的はこれだけではないのです!

実はこの農園には「東京いちごカフェ」が併設されていて、ここで採れたてのいちごを使った美味しいスイーツが食べられます。

いちご狩りは予約制ですが、カフェはどなたでもご利用できるので、カフェだけを目的に来る方も少なくありません。

今回僕が店内で頂いたのは "東京いちごパフェ" と "レアチーズケーキ" です。

"東京いちごパフェ" はいちごピューレや砕いたビスケット、いちごのフローズン、ソフトクリーム、生のいちごなどで構成されていてこれでなんと980円。

フルーツパーラーで同じようなパフェを注文したら2,000円近くしてしまうものが、この価格で食べられるのはいちご農園直営のカフェだからこそできることですね。

"レアチーズケーキ" は表面のいちごのゼリーの甘さとチーズのほどよい酸味が相性抜群です。

また平日限定で週替わりのパフェやいちごのフレンチトーストもあるそうです。メニューも随時更新されるようなので、詳しくは府中いちご狩り園のInstagramを確認してみてください。

今回頂いたパフェやケーキはテイクアウトも可能です。

カフェではスイーツだけでなく朝採りの新鮮ないちごも購入することができます。

春はすぐそこです。

みなさんも電車で気軽に、いちご狩りやいちごスイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

店舗情報
店名: 府中いちご狩り

Profile

スイーツコンシェルジュ

スイーツコンシェルジュのツッチーです。

僕はどんなテーマパークよりもデパ地下が大好きなスイーツ男子。日々、カメラ片手に甘いお菓子を探しています。

ふわふわの分厚いマシュマロをしっとりとしたグラハムクッキーで挟んだ
見た目も愛らしいスイーツ。
TASTEMADE公式オンライストア内で購入可能!

おすすめのスイーツコラムはこちら

おうちテイストメイド